ブログ

カテゴリー「☆小鳥の病気」の記事

精巣腫瘍(せいそうしゅよう:testicular tumor)

2015年5月22日 / ☆小鳥の病気

 小鳥の精巣はお腹の中の背中側に左右2つあります。他の臓器と同じように高齢になると精巣にも腫瘍の発生が多くなります。精巣腫瘍は鳥類全般によくみられますが、特にセキセイインコには高率に発生がみられます。

 

原因                                                                                                 

 はっきりした原因は不明ですが、慢性的な発情や夜間照明によるホルモン異常、加齢などが関与していると思われます。

 

症状                                                                                                 

 腫瘍が発生した初期は、ほとんど症状はみ精巣腫瘍1

られませんが、女性ホルモンの影響で鼻(ろ

う膜)が茶色に変色するしたり過剰な発情兆

候がみられる場合があります。さらに腫瘍が

大きくなると、他の臓器を圧迫するようなり、

排便困難や呼吸困難がみられるようになり、

お腹がふくらんでいるのがわかるようになり

ます。

 

診断                                                                                                 

 X線検査(レントゲン撮影)で骨髄精巣腫瘍2

骨や精巣が大きくなっていることで

診断します。他の病気との区別のた

めに消化管造影検査が必要な場合が

あります。

 

 

 

 

 

 

 治療                                                                                              

 完治には手術で摘出するしかありません

が、手術はたいへん精巣①難しく、リスクが大き

いので、投薬による内科療法がおこなわれ

ることがほとんどです。生活環境の改善と

発情抑制剤を中心に、各種抗腫瘍物質を使

用する免疫療法が行われます。腫瘍が良性

の場合には数年以上(当院最高3年)生存

可能な場合があります。

                                           ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」

足底炎(そくていえん)、趾瘤症(しりゅうしょう)

2015年5月21日 / ☆小鳥の病気

 

 足底炎は主に指の関節部分に起こる皮膚炎で、足底炎が慢性化して潰瘍化、腫瘤化したものを特に趾瘤症と呼びます。

 

原因                                                                                                 

 片方の脚の異常による片側負重や肥満による体重増加によって足底の継続する負荷により、足の裏に炎症がおきたものです。止まり木が細すぎたり太すぎたり、えさ入れに止まったりすると足底に部分的な負重がかかって炎症が起こります。肥満やビタミンAの不足があると悪化します。

通常はゆっくりと進行して、細菌感染がおこると、患部がつぶれて出血したり骨膜炎をおこして、痛みのために握力が低下したり、脚を持ち上げるようになります。

 

症状                                                                                                 

 軽いうちは患部が赤くなるだけで自覚症状はありませんが、進行するにつれて徐々に痛みを示すようになります。患部は徐々に腫れて硬くなり、かさぶた状になります。細菌感染をおこすと可能して骨まで達することもあります。

 

治療                                                                                                 

 根本的な原因を改善するため、まず止まり木、床環境改善を行います。止まり木が2本の場合はそれぞれ太さが異なるものにするか、凹凸がある木の枝状のものに変更します。弾力のある伸縮テープを巻きつけて足裏への負荷を軽くすることも効果的です。

 痛みの程度に合わせて消炎剤や鎮痛剤を外用薬か内服薬で使用します。細菌感染がある場合は抗菌剤を併用します。

 治療は長期的に継続する必要があります。なかなか治らなくてもあきらめないで根気よく続けることが回復へ導きます。

                       ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」

骨折(こっせつ:Fracture)

2015年5月20日 / ☆小鳥の病気

 身体に瞬間的に過度な外力が加わった時に、骨が耐え切れずに破綻してしまった状態です。小鳥の骨折は日常的に発生します。

 

症状                                                                                                 

 脚を骨折した鳥は、通常脚を上げて止まり木をつかむことができません。あるいは麻痺したように力が入らず、ぶらりとした状態になります。痛みのために活動しなくなったり、食べなくなることもあります。

 

診断                                                                                                 

 X線検査(レントゲン撮影)で骨折部を確認することで診断します。

 

治療                                                                                                 

 

骨折Ⅰ   骨折Ⅱ

 

 骨折の治療には、手術、テーピング固定、自然治癒があります。どの治療法を選択するかは、諸条件により総合的に判断します。手術は骨の中に金属のピンを骨の中に挿入(髄内ピン)して固定安定化する方法で、最も確実な方法ですが、骨折状況によっては適応でないことがあり、また、費用や全身麻酔のリスクについても検討が必要です。テーピング固定は、骨折状況によっては優れた治療法で、費用もかからず全身麻酔のリスクもありませんが、固定が十分でないために、骨折部がくっつかなかったり、曲がってくっつくことで重大な後遺症が残ることがあります。亀裂骨折や折れた部分のズレが小さい時は自然治癒とすることがあります。

 いずれにしても、完全に確実に骨折を治す方法はなく、無事に治癒に導くには自宅での観察、管理がたいへん重要です。

                       ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」

外傷性跛行(がいしょうせいはこう:traumatic lameness)

2015年5月20日 / ☆小鳥の病気

 「片足が着かない・浮かせている」と来院させる鳥さんの多くが外傷(=ケガ)によるものです。麻痺と違って、上げている脚の指が開いているのが特徴です。外傷性跛行の場合には、打撲、捻挫、骨折が考えられます。

 

原因                                                                                                 

 羽が切られている鳥に多くみられ、飼い主の肩から落ちた、踏んでしまった、ドアに挟まったという人為的なものがほとんどです。あるいは、何らかの理由で運動能力や脚の機能障害があり、止まり木から落ちたり、ケージや掛け布に爪がひっかかって痛めてしまうようです。

 

診断                                                                                                 

 鳥さんの脚に異常がある時は、まず、それが「痛み」なのか「麻痺」なのかを確認します。一般的には指を広げていれば「痛み」、指を閉じていれば「麻痺」と判断します。「痛み」の時は、年齢、症状、血液検査X線検査(レントゲン)などから外傷、痛風、関節炎の区別をします。

 一般的な外傷の場合は、通常受傷後3日程度で回復しますので、それ以上長引く場合には骨折やその他の病気の可能性を考慮して受診をおすすめします。

 

治療                                                                                                 

 痛みが軽い時は、ケージ内で安静にして自然回復とします。痛みが強く、食欲がないような時は鎮痛剤を使用します。X線検査骨折が判明した時は、外固定または整復手術を行います。

 

予防                                                                                                 

 まず、鳥さんの羽は極力切らないこと。切っている場合には、テーブルや、人の肩など、落ちる可能性がある場所には乗せないことが賢明です。爪が伸びている時には定期的に切って、ひっかからないようにします。

                       ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」

痛風

2015年5月20日 / ☆小鳥の病気

 痛風は、血液中に尿酸が異常に増加し、その結果、関節や内臓の表面に尿酸が固まって付着する病気です。尿酸は食餌に含まれるタンパク質が分解される時に発生します。健康な鳥では腎臓が血液を濾過し、尿酸を血中から取り除いて排泄物となります。

 痛風には「関節痛風」と「内臓痛風」という2つのタイプがあります。関節痛風では、尿酸の結晶が関節、主に足根関節(かかと)、膝関節や肩関節、にたまります。

   内臓性痛風では、尿酸は内臓の表面に付着します。2つのタイプが併発するケースも少なくありません。

 

原因                                                                                                 

 血液中の尿酸が増える一般的な原因は、腎臓の病気です。その他多くの栄養学的要因があり、その1つとして高タンパク質食が疑われます。

 

症状                                                                                                 

・関節性痛風:痛みのための歩行障害、歩行困難、止まり木に止まれない、活

                    動量の減少、関節の痛みや腫れ

・内臓性痛風:体を膨らます、活動性低下、多飲多尿、場合によっては突然

                     死。

 

小鳥の痛風①   小鳥の痛風2

 

診断                                                                                                 

関節性痛風:特徴的な関節の結節で診断されることが多いですが、初期には

      液検査で尿酸濃度を調べることで診断できることがあります。

内臓性病風:生前の確定診断は非常に困難ですが、血液検査で尿酸値を調べる

      ことが役に立ちます。

 どちらの種頬の痛風においても、血液検査所見やレントゲン撮影が診断の助けとなります。血液中の尿酸値が20以上であれば高尿酸血症と診断されます(通常は13以下)。

 

治療                                                                                                 

 残念ながら、人間の痛風と同じで根本的な治療方法は確立されていません。治療の目的は尿酸の蓄積を止めるか、もしくは緩やかにし、炎症を抑えることです。尿酸の生成を減らす薬剤も使用できます。抗炎症剤や鎮痛剤も必要に応じて使用します。一般的な対症療法も行います。

 関節痛風の場合は止まり木に変化をつけたり、布などを巻きつけたりして関節の痛みを和らげるようなものにします。種子食の鳥はタンパク質が少ないペレット食に変更し、果物や野菜を多く与えるとよいでしょう。餌や水の容器は鳥が届きやすい場所に置きます。

                       ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」