ブログ

血液検査(けつえきけんさ:Blood Examination)

2015年9月10日 / ☆検査

 人間はもとより犬や猫においても、医療の現場では診断のために血液検査は欠かせませんが、鳥でも病気によっては必須検査です。

 

どんな検査なの?                                                                                                      

 血液検査には、①計算盤と顕微鏡による血球計数検査、②血液を機械にかけて分析する血液化学検査、③顕微鏡で血球の状態を確認する血液塗抹検査があります。

 

検査の方法は?                                                                                                         

 首の静脈から血液を0.05~0.3mL取って、固まらないように抗凝固剤を混ぜます。

血液検査1

 

①血球計数検査:計算盤と血液塗抹(血液をスライドガラスに薄く塗って、

       染めたもの)を顕微鏡で観察して各血球を数えます。

  検査項目:PCV、総白血球数、リンパ球数、ヘテロフィル数、好酸球数

血液検査2

 

②血液化学検査:血液を専用の機械にかけて、血漿中の成分を分析します。

   検査項目:TP, ALB, AST, BA(胆汁酸), CK, 血糖値, UA(尿酸),

        Na, K, Ca, P, 他。

血液検査3

 

③血液塗抹検査:血液塗抹を顕微鏡で観察して、血球や核の大きさ、形、染色傾向、さらには病原体や腫瘍細胞の有無を観察します。

血液検査4

 

何がわかるの?                                                                                                        

①血液計数検査 ⇨ 貧血、炎症・感染症、脱水、血液系腫瘍、など。

②血液化学検査 ⇨ 炎症、肝細胞障害、肝機能障害、腎不全、糖尿病、組織障

        害、中毒、脱水の有無や栄養状態など。

③血液塗抹検査 ⇨ 貧血の種類、炎症・感染症、血液病原体、血液系腫瘍など。

 

 以上3つの血液検査を組み合わせることで、さまざまな病気の診断が可能となります。

 

危険はないの?                                                                                                       

 重度の呼吸困難や進行した肝臓病がなければ安全性の高い検査です。

 ×重度の呼吸困難 ⇨ 保定(体を手で持つこと)や暴れた時に、呼吸不全を

           おこして死亡する可能性があります。

 ×進行した肝臓病 ⇨ 針を刺したところからの出血が止まらず、失血死する

           可能性が否定できません。

 

  当院実績では、採血での死亡例は過去20年間でわずか2例です。これは

犬猫のレントゲン検査のリスクを下回っています。

 

                      ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」

 

超音波検査(ちょうおんぱけんさ:ultrasonography)(エコー検査)

2015年9月10日 / ☆検査

超音波検査1

 現代西洋医学では、血液検査、X線検査とともに、診断にかかせないのが超音波検査です。

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな検査なの?                                                                                                   

 人の耳には聞こえない高周波を使って、内臓を画像としてリアルタイムで確認できる検査です。X線検査が内臓の大きさや形のみの確認であるのに対し、超音波検査は、大きさ、形はもちろん、臓器の内部の状態やX線検査ではわからない小さな腫瘍の確認も可能です。

 

検査の方法は?                                                                                                       

 超音波検査装置につながっている端子を鳥の体に直接あてて、体内の様子を観察します。

超音波検査2   超音波検査3

                        イメージ画像

 

なにがわかるの?                                                                                                    

 肝臓腫大、精巣腫瘍卵巣腫瘍卵管嚢胞卵管蓄卵材症卵塞症、腹水など主に腫瘍の検出に効果を発揮します。X線検査で卵管がはれていても、なぜはれているかわかりませんが、超音波検査では卵管の内部が観察できるので診断が可能です。また、X線検査では見えない無殻卵も超音波検査では簡単に確認できます。

                      ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」

cafe lunch③

2015年5月29日 / ☆院長のブログ

昨日は天候が穏やかだったので、ドライブついでに郊外の美術館に併設されているカフェ、モーツァルト・フィガロさんでランチしました。
image
モーツァルトさんはどこの店舗も大人お洒落なインテリアです。

image

あいかわらずの人気ぶりで、店内はほぼ満席でした。

image

いくつかあるランチメニューの中から「キッシュセット」をお願いしました。ボリューム的に少しもの足りないかなあと思っていたら、肉厚のしっかりしたキッシュが運ばれてきましたよ。しっとりふっわふっわの「主食」キッシュで、ほっぺたが落ちそう(死語)でした。

image

 

食後のスイーツは、フルーツタルトとカフェオレをいただきました。タルトは凝りすぎてなく程よい甘さで、自分的には某有名店キル〇ェボ〇を超えてるかもです。カフェオレは、ブラジル豆をベースにしたしっかり系で、口にした時はまろやかですが、すぐに香ばしさが広がる逸品でした。

 image

 ランチの後、美術館の売店を覗いてみたら・・・!なにやらkawaiiセキセイさんが。
え・・・と・・・め・も・か・ん?よくわからないけど即購入。

image

 缶を開けると・・・セキセイさんの丸い紙が。ちゃんとくちばしがあるのがkawaii!!

image

 

 裏面がメモスペースになっていて、忘れないように、立たせるようになっています!kawaiiくって捨てられないよう。

image

 

 

胃炎、肝機能障害

2015年5月27日 / ☆院長のブログ

image

 「ここ1週間寝てばかりいる。昨日吐いた」とセキセイインコのピースケちゃんが来院されました。
一見元気そうに見えましたが、体重が18%も減っていました。X線検査を行ってみると、筋胃内のグリッドが前胃内に逆流していました。血液検査では肝機能の低下が確認されました。万全を期して初期治療として数日間の入院としました。ピースケちゃん、すぐよくなるからちょっとだけ我慢してね。

副鼻腔炎(ふくびくうえん:sinusitis)

2015年5月22日 / ☆小鳥の病気

 副鼻腔炎は鼻腔と眼の間の空洞(副鼻腔)におきた炎症です。

 

原因                                                                                                                            

 ビタミンAの不足や免疫力の低下によって、副鼻腔内に細菌、ウイルス、クラミジア、マイコプラズマや寄生虫が感染して起こります。鼻炎から進行して副鼻腔炎になることが多いです。

 

症状                                                                                                                           

 鼻炎が併発していない時はクシャミや鼻汁がなく早期発見が困難です。病状が進行して、涙目や目のはれなど、目の異常で見つかることが多いです。放置すると副鼻腔内に膿がたまって顔がはれることがあります。また呼吸困難のためにとテールボビングがみられる場合があります。

 

副鼻腔炎①   副鼻腔炎②

 

診断                                                                                                                            

 上記の症状に併せて、鼻腔(副鼻腔)洗浄液の培養や遺伝子検査を行って、病原体を検索します。寄生虫(トリコモナス)感染が原因の場合は、そのう液の検査で診断が可能です。

 

治療                                                                                                                           

 検査結果によって、抗菌剤や抗真菌剤を注射、内服または局所投与します。原因がはっきりしない場合にはこれらの薬剤を試験的に投与することがあります。副鼻腔内に膿や壊死産物が貯留している場合には切開してこれらを除去し洗浄を行います。トリコモナス感染が原因の場合には抗原虫薬を投与します。

                       ©みやぎ小鳥のクリニック

 

 

*本解説は、下記の参考文献および当院での実績を基に構成・編集したもので す。出典表記のない図、写真はすべて当院オリジナルです。

【参考文献】

・小嶋篤史著「コンパニオンバードの病気百科」(誠文堂新光社)

・海老沢和荘著「実践的な鳥の臨床」NJK2002-2007(ピージェイシー)

・Harrison-Lightfoot著「Clinical Avian Medicine VolumeⅠ-Ⅱ」